年前の話ですが・・・

近場で別居をしてる医者の兄が実家に帰ってきて、久々に家族団らんで夕食をしてた。

ひさびさに家族がそろって楽しくすごしてたんだけど、気が付いたら母の口数が少なくなっている。

よく見ると、さっきまでニコニコしてた母が真顔になってて、冬なのに汗をかいている。

どうしたのか聞いて見ると「なんか胸のあたりが痛くって…でも大丈夫」

兄がすぐさま「母さん、どの辺が痛いの?」「どういう痛み?」「ちょっと手握るからね」とここまでやってすぐに救急車を呼んだ。

待っていたら危ないからと兄が主導して、時間短縮のため、我が家の車→救急車のリレー方式で搬送。

普段はものすごくのんびり屋の兄が、今まで見たこともない俊敏さを発揮していたので、私と父も「これはただ事ではない」と車を出したり母の体を支えたり手伝った。

結果、心筋梗塞でした。

対処が早かったおかげで、症状の重さの割には後遺症が「奇跡的」と言えるレベルでなかったそうで、すぐに救急車を呼んだのも、救急車を待たずにリレー方式にしたのも正解だったそうです。

母はすぐにリハビリすら必要ない状態にまで回復し退院、今でも元気にしてます。

家族でまったりしている幸せな時間がいきなり生きる死ぬの修羅場になったのは本当に衝撃でした。

もし偶然兄が帰ってきていなかったら、ここまで適切な対応ができなかっただろうなと思うと今でも怖い。


--後日投稿--

母は意識があって会話もできていたので、心臓マッサージや人工呼吸は必要ない状態でした。

リレー方式はやっぱり一般的じゃないんですね。

それとこの件で衝撃的だったのがもう二つ。

兄が救急隊員の方に「搬送先は○○会病院(兄の勤務先で、実家から一番近い大病院)でお願いします。△△科の××の家族だと強くお伝えください。」と言っていたこと。

実際、大病院なのにたらい回しなどされずにすぐに入れたようです。

そういう身内の優遇みたいな事が(医者の兄がわざわざ言うからには)あるんだな、と衝撃でした。

もう一つは我が家の車で搬送中に、兄が勤務先に電話をかけ、帰る間際だったらしい心臓外科のチームに頼み込んで残ってもらったこと。

そのおかげで、すごく経験豊富で腕のいい先生に執刀してもらえたそうです。

二つとも倫理的には間違っているかもしれませんが・・・。

でも、やっぱり私が兄の立場でも同じことをしてもらうだろうと思います。