私の子供の頃の話です。

当時私は社宅に住んでいました。

間取りは、玄関脇にトイレがあって、トイレの換気口が社宅の共有廊下に繋がっていた。

我が家は一番端っこだったのでそういう作りで、他の部屋はそうなっていなかった。

ちょっと分かりにくいけど、我が家のトイレからだけは廊下の隅っこで交わされる会話がスピーカーのようまる聞こえ。

どういう効果か分からないけど、ささやき声も思いっきり拾う。


私は小さい頃 お腹が弱くてよく学校を休んでいた。そしてお腹が痛くてトイレに籠ることがしょっちゅうだった。

お腹が痛いので、外から聞こえる話声もほぼ聞き流していた。話の内容は 社宅の奥様方の噂話。

お腹が痛いよ~と半泣きになりながらだったけど、いつも同じような会話が繰り返されるので嫌でも内容を覚えてしまった。

内容は A部長の奥さまがやたら気合い入ったお化粧で出かける。○○駅で見かけた。男の人と腕組んでた。あれってデートよね?あの男の人って営業のB君ぽくない?B君ってC部長とこの娘さんと婚約したって言ってなかった?

当時小1くらいだった私は、それをそのまま夕飯の家族の団らんでしゃべりました。

何をわけのわからないことを言ってるんだ!と怒られました。

が、父も小1の子供が知ってるような話のはずはないと思ったのか「もう一度説明してごらん」と言われた。

でも 怒られて怖かったので私も頑として言わなかった。また怒られそうな気がしたので。

その後こっそり母に トイレで聞いたと打ち明けた。


それからしばらくして、我が家に深夜 男の人が来たりして父と話し合ってた。

時々大きな声が出てたり 怒ってる声がして 怖くて私はベッドで震えてた。

当時は何があったかは知らなかったけど、うちに来てたのはC部長さんで、B君とやらを呼び出していろいろ話し合ってたらしい。

だいぶ後になってから 晩酌で父と母が話してる断片が耳に入った。

たぶんA部長の奥さんとB君は不倫。A部長は奥さんと離婚。B君は左遷で婚約破棄になったんだと思う。

何も悪いことしてないと思ってたのに いきなり父に叱られたことと、夜中寝てる時に 居間に知らない男の人が来て怒ってるような声が漏れ聞こえたのがとても怖くて怖くて、その当時の私にとっては恐怖の修羅場でした。