離婚したいから結婚したと言われたときが、人生最大の修羅場。

ある日突然夫に離婚を言い出され、緑の紙を渡されて、混乱しながらも理由を聞いた。

お金のことか、好きな人が出来たか、それとも私に至らないところがあったのかとでもどれも違った。

旦那はそもそも離婚したかったから私と結婚したんだと言った。

義母は義父(会ったことはない)と離婚してシングルマザーで義姉と夫を育てた人。

そんな義母と同じになるように、夫は自分も一度は離婚しようと決めていたんだそうだ。

でも本当に好きな人と離婚するのは嫌だ→好きじゃない女と結婚して離婚しよう、とそれで白羽の矢が立ったのが私。

もう頭が真っ白だったし、意味が少しも理解できなかった。

辛うじて子供はどうするのと聞くと、僕のママンは養育費なんか貰わずに僕たちを育てた!となぜか誇らしげに言われた。

当時子供は上が小学生になったばかり、下は幼稚園生。

私は一般職を寿退社して専業主婦になった女で、手に職なんかなく、とにかく養育費なしでこの子たちをどうすればいい!?ということで頭がいっぱいだった。

今思い返してみると、その時点でもう離婚自体は止む無し、って思ってたんだな。

結局、血迷って私は義母に突撃。

義母が夫に何か吹き込んだんだと思って、文句を言いに行ったんだ。

でも義母は驚くやら呆れるやらで、むしろ夫を必死に説得しようとしてくれた。

けど夫にはさっぱり通じず、最終的に義母は自分の保険を解約して夫の代わりに私に養育費を一括で払ってくれた。

額を考えるに、義母の精一杯の慰謝料も込みだったと思う。

どんなに苦労したか見てきたはずなのに、と泣いていた姿が辛かった。

突撃したことを今も後悔してる、本当にいい人だったんだ。

離婚しても孫には会ってもらおうと思っていたのに、義母はその後すぐに亡くなってしまった。

代わりにというか、義姉もすごく気遣ってくれて、義母亡き後も子供のために色々送ってくれたり、お祝いごとも欠かさずしてくれた。

夫は、ママンが死んだのは私のせいだと今も言っているらしい。

孤独死なんかで周りに迷惑かけないようにと義姉が様子を見ているそうだが、まるで時が止まったように別れた頃のままの思考だそうだ。

子供二人とも家庭を持ち、私も義姉の関係でご縁があり、これから先を共に生きようと思える方と出会えた。

やっと私の修羅場が終わったように思います。