彼からプロポーズされて彼実家にご挨拶に行った時。

彼父に

「本当にこいつでいいのかい?」

と何度も何度も確認され、あまりにも確認するので彼が怒って

「いったいなんだよ!?親父は結婚に反対なのかよ!?」

ときれた。

彼母がちょっと落ち着きなさい!と彼をなだめるために外にタバコを吸いに出した。

母「お父さんもあんな言い方したら彼男も怒るわよ~。私ちゃんびっくりさせてごめんね?
あの子私ちゃんに言ってないみたいだから私が言うんだけど。
あのね私ちゃん。実はあの子、ピンポイントフィックスやってるの。
つまりハゲかかってるの。
お父さんもやってるんだけどね。
私ちゃんハゲでも大丈夫?
ハゲに嫌悪を抱かない?
ハゲでもずっと愛してくれる?
私が言うのはあれだけど、お父さんもあの子もハゲかかってるけどすごく優しい人間よ。
ハゲかかってるけど卑屈でもないし。
まぁ、料理に海藻系を多めに出してって毎日注文されるのと、一晩で枕に髪の毛が信じられない量付いてるのが面倒と言えば面倒だけど。
今はまだハゲかかってるレベルだけど将来的にはたぶんツルツルになると思うの。
お父さんのおじいちゃんがすごく綺麗にツルツルだからね。
それでも一緒に生活していける?
毎日頭を見ることになるのよ?」

と真剣な眼差しで聞かれた。

私は即答で問題ないです!父もハゲてるので耐性あります!と答えて結婚の許しを貰えた。

彼父は彼母が喋ってる合間合間で

「そんなにハゲハゲ言わなくても…」

と涙目だった。