私は体型のせいで昔よく痴漢に遭ってた。

ボン・キュッ・ボンならぬス…ッボン!!みたいな体型。

顔は線四本と丸だけで顔が描けるくらい超地味顔なので、大人しそうに思われるのも原因だと思う。

ただ顔に似合わず気が強かったので、触ってくる手を抓ってやったり、手を掴んで捻ってやったりして反撃したりしてた。

ある日電車に乗ると、満員ではなかったが座席は埋まっていたので立っていた。

止まったある駅で、ひょろっとした三十代くらいの男が近づいてきて、いきなりお尻をむんずと掴まれた。

あまりのことにびっくりして「ぁぐぇ!?」と変な声が出た。

信じられないことに男は私のお尻を数回揉んでから私から離れ、その駅ですっと降りようとした。

ちょうど見える位置に座っていた優しそうなおじさんが「お前何やってるんだ!」と言ってくれたし、入り口に立っていた高校生くらいの二人組の男の子がそいつを捕まえてくれた。

そしたら男が「あんたこれ見て触らずにいられるかよ!?」とすごい勢いで怒鳴った。

私もおじさんも男の子たちもそこにいる乗客たちもぽかーんとなってたと思う。

「あなたは触られるために生まれてきたお尻なんだ!!」

「俺はこれを触るために生きてきたんだー!!!」

とかなんとかめちゃくちゃなことを叫んでた。

結局その痴漢は駅員さんに引き渡されたんだけど、「あれ見たら!!触らないわけにはいかないでしょうが!!!そうでしょ!?」って唾飛ばして怒鳴ってて駅員さん困ってたし、あまりに力説されるものだからすごく注目されたような気がして恥ずかしかった。

一緒に降りてくれたおじさんとその隣にいた女性(恐らく奥さん)に

「変な人がいるね」「怖かったでしょう」と慰めてくれたのが救いだったけど、あんな痴漢は後にも先にもあれだけだった。


当時付き合っていた彼氏(今の夫)に「こんなことがあって」というと「気持ちはわかる」と言ったのでちょっと喧嘩になった。