小学校のときの担任Aは勉強だけできる子どもが嫌いで、クラスに階級作ってお気に入りの子供(運動ができるとか親が教師とか)は贔屓。
 
気に入らない子どもは授業中に意地の悪い質問したり、他の子どもを煽っていじめさせる 

体育倉庫に閉じ込められたり、
言いがかりで叱責されたり、
生理の日にお腹踏まれたりもした 
 
運動音痴の眼鏡がり勉だった自分はずっといじめられてた 
いつか復讐してやろうと思ってたが子供じゃ何もできなかった
 
時は流れて高校二年になり、
部活で何人か後輩ができた 
その中にAの娘がいた 
 
Aにいじめられていた小学校時代の
友人たちにA娘の写メを流した 
 
次の日からA娘はいろんな学校の
人たちに声をかけられる人気者になった 

毎日入れ代わり立ち代わり父親の所業を
語りにくる人たちに怯えてだんだん挙動不審になり 
期末前には家から出られなくなり不登校 
 
電話をすると、「学校にもろくに行けないお前はA家の面汚しだって殴られて辛い」と泣くから 
「うちもA先生が担任だったころ、ずっといじめられてて辛かったよ。あんたの父親はクズだよ」 
と言って切ってやった 
 
秋にはA娘が退学、中学生の息子二人も非行に走ったらしい
 
その何年か後の成人式でAが顔を出したので、
新成人の挨拶の時に小学校時代のいじめを事細かに語った。
 
Aは何かわけのわからないことをわめいて泡吹いてた 
 
教育実習時に聞いた噂では、左遷され、
組合でかなりの役職につけるところがパアになったらしい