長いから目が滑る人はスルーして下さい

祖母が亡くなった時が丸ごと修羅場。

検査入院の時に突然死で何時亡くなったのか看護士も分からない。

長男嫁は母方親族の間ではキチ嫁で煙たがれていたが、死亡手続きするには家族が揃わないと駄目。

長男嫁宅には4時半には連絡が入っていたのに、病院に来たのは8時半。

仏様の目の前で且つまだ病院なのに、嫁の復讐?なのか喚くお陰で冷凍庫以上に凍りつく雰囲気にビビって、祖母の遺体の所に逃げる。

…色々ありすぎるから割愛

1番凄かったのは、馬鹿嫁が祖母の印鑑や通帳を先に奪おうとした事。

祖母の病院にいつも持って行ってたバックを知ってたのは、付き添いをしていた孫の私だけだった。

入院の時の荷物をアレコレとまとめつつ、そのバックに何が入ってるかも知ってたので、さり気なく私が勝手に預かっていた。

祖父母宅に戻り、そのバックを絶対にあの馬鹿嫁は探すと知っていたので、蔵の中に隠す。

後々問題が起きても大丈夫な様に、灯台下暗しな場所を狙って保管。

案の定、深夜2時過ぎに馬鹿嫁から我が家に電話。

父なんの事か分からず、それでも電話口で喚き散らす馬鹿嫁。

→父がキレ気味に私に何をした?って言うから、バックの事でしょ?って聞いたら父納得。

→朝になったら改めて此方から長男に直接連絡する、と言ったら何か凄い事になってた。

電話口で良かった。

父がブチ切れしたらガチャ切りされたww

バックの中には、色々と遺産相続に必要な物が入ってたのです。

それを祖母は私にだけ話していたので、そのまま行動に移したら馬鹿嫁の行動が案の定で、話を知った親族が皆怒り爆発してて長男が平謝り状態だった。

納棺の儀も含めて丸3日、馬鹿嫁に物凄い勢いで罵倒されいびられ続けたwww

元々、田舎の風習?なのは分かってたけど、更に度を増して、それでも涼しい顔してたら最後は黙った。

というより、長男嫁と子供2人が形だけの長男の家族なので、誰にも相手にされなかった。

挨拶回りや接待やらは、全部私がやってたし、手慣れてるというのもあってか、葬祭場にいる時にはいびれなかった。

式場で嫁子供が非常識な事を働いたので、思わず窘めたら散々喚かれたけど、近くにいた父と親族で1番の権力のある方にフルボッコにされてたw

私だけ良い思いしてる気がした。

役得。

傍目から見たら修羅場。

突然死だったので、これ位のレベルで修羅場が済みました。

相続(山や家、土地その他)を全て長女の娘(私)に譲ると、正式な遺言書を書く所だったので…

祖母としては、馬鹿嫁に殺されるのではないかと不安だったみたいでした。

その他にも修羅場は色々あるのですが。

色々な修羅場の結果、母方の全いとことは縁が切れてます。

次女(母の妹)の家とは音信不通。

狐憑きにでもなったみたいですね。