同じ部署のおじさん上司(以下Aさん)と小規模なチームを組むことになり、一時期ずっと一緒に仕事をしていた。

Aさんは人は悪くないのだが仕事面では頼りなく、またフケ症なのに(だから?)仕事中バリバリ頭を掻いたり貧乏揺すりがクセだったり、タイピングの音がやたらうるさかったりというまぁ、いわゆる『ダメなおじさん』の部類に入る人だった。

とはいえ優しい人だし仕事をしててもそこまで気にすることはなかった。

そんなダメおじさんのAさん、50近かったが初めて彼女ができたとかでえらくはしゃぎだした。

昼ご飯を食べていてもスマホを弄りながら何か聞いてほしそうにチラチラこっちを見ながら独り言を呟いたりして完全にかまってちゃん。

めんどくさいなぁ…と思いながらもこちらから話を振ったりすると嬉々として『彼女がさ~』と語り出す。

遠距離恋愛でなかなか会えないからしょっちゅう自撮りの写真を送ってもらってるらしい。
見せてもらったがAさんと同い年とは思えないほど、ほんわかして可愛いらしい感じの人で、正直Aさんにはもったいないくらいの人だった。

『まぁ、初めての彼女だし浮ついてしまうのも仕方ない』と思っていたのだが、毎日チラチラブツブツされる上に、もともと仕事の進め方が早くないAさんにストレスがふつふつと溜まってきた。

それでも、それでもまだ怒鳴ったり嫌みを言ってくるような上司よりはマシ!と自分に言い聞かせていたのだが、ある日いつものように写真を見せようとAさんがスクロールするスマホの写真の中に、ブラとパンツというあられもない格好ででベッドに寝ころぶ彼女さん姿が何枚も…

しかもパンツとブラどちらも『ランジェリー』というより『中高生が着るような真っ白な綿っぽい』やつ。

Aさんは角度的に私には見えてないと思っていたみたいだが、ばっっちり見えた。

瞬間私の中でAさんが『タダのすけべオヤジ』になり、彼女さんも『50にもなって下着姿(しかも真っ白)の自撮りを送るババア』に転落した。


その時はなにも見ていないふりをしたが、その後Aさんと話をするたびにあの下着が脳裏にちらついて話の内容が入ってこなかったし、正直Aさんに冷たい対応をしてしまった。

「なんか最近私ちゃんそっけないよね~」と言われたが、一度どん底まで落ちた印象はどうしようもなく、色々あって仕事もさばけないということでAさんは別部署に飛ばされた。

飛んだ先でAさんは軽い鬱になり休職。

先月復帰して昨日たまたま社内で再会した。

挨拶をすると「いや~俺もとうとう結婚したよ~」と報告され、あの白いパンツとブラを思い出したので書いた。