先日動物園で見かけた光景。

そこの動物園は猛獣エリアで動物を間近に見られるエリア内バスが名物なんだけど、バスに乗るには別売チケット(売場が少し離れている)が必要。

で、チケット買ってバス乗場で並んでたら、前に並んでる子連れ夫婦がなんか揉めてる。

どうやら、少し先に歩いていた奥さん&子供が相談も何もなしにチケット買わずにバス乗場に並んで、後から来た旦那さんにチケットを買わせて合流、という事をやって、それで旦那さんが怒ってるらしい。

旦那さんは「相談しなかった事」じゃなくて「後から来た連れを行列に合流させる事」で怒ってるようで、「俺そういうのほんっと嫌だから」「ちゃんとした店とかでやったらつまみ出される事もあるんだからね、わかってる?」と、最初は顔は笑ってるけど目が笑ってない…という風だったのがだんだんヒートアップしてきた。

奥さんの方はあまりピンときてないようで、へらへら笑って「犯罪じゃないんだし…」
「でもさ、こういうのは効率よくいかないと」とか反論してるんだけど、それでよけいに旦那さんを刺激したらしくて、しまいには本当に不機嫌そうに

「何が効率だよ、こんな事したってほんの何分か数人分か早くなるだけで、乗るのは結局同じバスだろ意味ないじゃん?」

「せっかくの休日なのになんでこんなくだらない事で嫌な気持ちにならなきゃなんないわけ?」と詰問調になってしまった。

そこで次のバスが来たので二人の会話はそこまでだったんだけど、終始奥さんがほんとに何で旦那さんが怒ってるのかわかってない風だったのが印象的だった。

旦那さんにとってのずうずうしい話かな、と思ったけど、こういう感覚の違いって、小さいようでいて案外一生引きずったりするんだよなー、と思ったのでした。