私の家は私が3才の頃に離婚して、足に障害を持つ母が女手一つで私と姉(7つ上)と兄(8つ上)を育ててくれました。

父は元893で背中に龍と鷹の刺青があり、聞いた所によると暴力が酷くて姉と兄が離婚を勧めたそうです。(姉にも兄にも未だに当時虐待の傷が残っています)

そんな父親に育てられたせいか、兄は事ある事に暴力を振るう最低人間になっていました。


私は中学卒業辺りまで毎日のように身長が190cm以上ある兄に蹴られたり殴られたり、時には姉の子供(0歳児)を抱っこしている時にコメカミに回し蹴りをされたり。(返事が聞こえなかった…等の理由で)

止めに入る母の事も殴るし、月収40万以上あるくせに家にお金入れないし。

相変わらず母が悪い足を引き摺りながら働いて、姉も旦那さんにお願いしてパートしてわざわざ実家にお金を入れてくれてる状態でした。


そんな中で事件が起きました。

堪忍袋の尾が切れた姉が兄と衝突。

「いつまでお母さんに迷惑掛けるの!?」

「稼げるなら家を出て一人で暮らせ!!」

他にも色々言ってたけど、今考えても全部正論だったと思う。

だからなのか言い返せなかった兄は姉のお腹にボディーブローを一発。

更に姉がしゃがみ込んだ瞬間に顔面に蹴りを一発。

身長190cmですよ?

そんな長身から蹴りを繰り出されたらどうなるかくらい小学生でも分かりますよね?

そうです、フローリングが血の海。

所々に姉の歯も落ちていた。

更に言うと前歯の上と下、計8本全滅。

見てる私も涙と震えが止まらなかった。

母は椅子に座りながら泣き叫んで、自分の足を殴っていた。

姉は勿論口を押さえながら泣いていた。

ちなみにこれは私の小学校高学年頃の話。(詳しい歳を覚えてなくてごめんなさい)

姉は母と病院に行き、そこで兄を訴えるべきだと医者に言われたらしい。

旦那も姉も勿論賛成、母だけが反対した。

「私の育て方が悪かった。だけどあれでも私の子供、訴えないであげて欲しい」

子供ながらに母は馬鹿だと思った。

でも姉も優しいから母のお願いを聞き入れて訴えず…

だけど大好きな姉を傷つけられた私は自分が傷つけられた時以上にムカついて、幼いながらに兄を殺そうと心に決めた。


そしてある日の夜中、私は包丁を手に兄の部屋の前に立っていた。

頭では何度もイメージトレーニングはしていた。

滅多刺しにしてやろうと思っていた。

その時だった。

後ろから私を呼ぶ母の声が聞こえて振り返ると、母が真面目な顔で言った。

「あんたが18才になるまで待って欲しい」

「あんたが18になってとお兄ちゃんがそのままなら…お母さんがお兄ちゃんを殺してあげるから」

何となく、母はそのまま兄と一緒に死ぬ気ではないかと思って思わず泣いた。


話は飛ぶけどそれから中学卒業まで私は暴力に耐え続け、兄は私の中学卒業と同時に県外へ行ってしまった。

それから暫くは勿論幸せで、姉夫婦も実家で暮らすようになって母も無理してまで働く必要も無くなった。

私もバイトで家にお金入れてたし。

昔とは打って変わって笑いの絶えない家になった。


しかし私が18になり、そろそろ高校も卒業となった時に兄が帰ってきた。

だけど家に勿論兄の居場所も部屋もなく、玄関で姉と旦那さんが追い払おうとしてた。

だけど兄は全く変わってなく

「お前らが出てけ!!」

「嫁いだやつが出戻ってくんな!!」

「ここは俺の家だ!!」

とか言いたい放題。

しかも話を聞くと私たちを殴ったりした事を覚えてないらしく、寧ろ好かれているって思ってるから太刀が悪いしムカついた。

そして暫く言い合いをしてると兄が姉の胸ぐらを付かんで脅し始めた。


旦那さんもキレて止めに入るけど190cmある兄には敵わず。

私は昔の記憶がフラッシュバックして動けなかった。

そしたら母が急に包丁を兄に突き付けた。

「この数年であんたは変わらなかったんだね!!」

その時思い出した。

母の18まで待って欲しいと言う言葉を。

そこからはよく覚えていない。

多分だけど「お母さんを止めてぇぇ!!」「お母さんが死んじゃうよぉ!!」的な事を叫んだと思う。

気がついたら兄は居なくて、泣いて姉に謝る母と血の付いていない包丁が床に落ちてるのを見てホッとした。

それから完全に…と言うか、漸く私達は兄と縁を切った。


あれから数年、今私は25才になりました。

流石に実家は出ましたが、たまに帰ると姉夫婦や甥っ子達…そして母の柔らかな笑顔を見るとホッとします。

聞くと兄から時々手紙が来るらしく、その手紙によると結婚して子供が出来たらしい。

しかし手紙に謝罪の言葉は無く、それどころか

「俺が居なくて寂しいでしょ?」
「謝るなら孫に会わせてあげてもいいよ」

見たいな事が書かれてるらしいです。(手紙は全部捨てられてますが)

だけどそれを肴に母と娘(私と姉)でお酒を飲めるって素敵。

だってあの時私が兄を殺していても、母が兄を殺していても有り得なかった事だから。

でも私達の心の傷は多分一生癒えない。

「お母さんには悪いけど、あいつ(兄)が死んでも葬式は出ないし寧ろ笑う」

「それが私達の唯一の復讐だと思ってるから」

そう言うと母は少し考えて頷いた。

私と姉のその復讐がいつになるかは分からないけど、その日が来るまでは絶対に兄には会いたくない。

皆さんが思うスッキリとした復讐とは違うかも知れませんが…私と姉に取っては好かれていると未だに勘違いしている兄に出きる復讐だと思っています。

長々と下手な文章すみませんでした。

この度実家の引っ越しが決まったので記念カキコ(´△`)

宛先不明で手紙が届かなかった時の兄の顔を思い浮かべるとニヤニヤしてしまいます(笑)