俺の話じゃないけど。

ある朝出勤すると、普段遅番の部下Hがいた。

「あれ?どうしたの?」

と聞くと

「事情があって怖くて家に帰れないので、しばらくここで寝泊まりさせてもらうようにお願いした」と。

聞くと2日前の夜、電車でチンピラみたいな男に絡まれ

「お前次の駅で降りろや」

「おお、上等だ」

みたいな流れでホームで乱闘、相手を殴ったら指輪で相手の顔を切ってしまった。


相手が去り際に

「俺は○○組の××ってモンだ、覚悟しとけよ」

とか言い出したので

「本職はそんな事言わないだろw」

とハッタリと確信したHは

「おお、奇遇だな。俺は△△組のHだwお前こそ覚悟しとけよw」

と言い返したと。

そうしたら次の日の夜、Hのアパートに男数人が乱入ガムテープでグルグル巻きにされ車でビルの一室に連れていかれた。

そこには昨日の男と、中年の強面のおっさん。

Hの目の前に書類が出され、おっさんは

「サインしろ」と言う。

「治療費と慰謝料として50万円払います」

という旨の内容。

「サインしないと帰さない」

と言われ仕方なくサインしてしまったと。

で、怖くて家に帰れないので深夜に職場にきてかくまってもらっているという事だった。


で、みんなで話し合った結果やはりこれは警察に行った方がいいという結論に。

Hは翌日、アパートから一番近い警察署に行って事情を説明したが担当した刑事は

「ん~でも怪我させたのは事実なんでしょ?それは払わないとダメなんじゃない?」

とまさかの回答。

どうやら管轄内の組とは揉めたくないようなニュアンスでそのまま帰されてしまった。

警察もアテにならないと半ベソのH。

またみんなで会議。

そこでHの同期のOが

「警視庁のマル暴とかダメかな?」

との提案でダメ元でHが警視庁の組織犯罪対策部?に電話。

すると対応してくれた職員さんが

「それは悪質ですね。すぐに手配します」

と心強い反応。

そして警視庁に電話した翌日の朝昨日門前払いされた警察署から電話があり

「すぐに逮捕しましょう!すぐに署まで来て下さい!」

と手のひらを返したような反応。

正直呆れる。


警察署で色々話したり被害届だしたりの数日後

Hが「お金払います」と連絡を入れ、ヤクザをおびき出し待ち合わせ場所で待機していた刑事が組員5人逮捕。

一件落着と思ったがここで組の顧問弁護士が登場し

「お金も請求しないし、今後組員は一切接触しないと約束するので被害届を取り下げて欲しい」

と言い出す。

聞くところによるとその組はあまり大きな組ではなく5人も逮捕されてしまうと、その時点で組が消滅してしまうとの事。

いやいや、知らんがなwwwという話だが下手に逆恨みされても面倒なのでむやもやしながらもHはそれを了承、一応解決したという話。


一応、追加説明。

その組は構成員10人ほどの組で、そのうち3人が既に刑務所にいるため5人行かれるともう2,3人しか残らなくなり組を維持出来るだけの金額を稼げなくなるそうでw









恐喝「ゆすり」 [DVD]
アニー・オンドラ
2011-02-15