私は生まれてすぐ敗血症になり、新生児期は何度も生死の境を彷徨ったそう。
本当にもうダメかも・・と身近な親戚が呼ばれること数度、でもなんとか生き延びた。

「このヤマさえ越えれば・・」
と言われていた時期を乗り越え、容態が安定し、医者から「もう大丈夫です!」と言われた時。両親や親類の喝采の中、父の母は

「命根性の汚い子ねえ。本当にもう大丈夫なの?私もうすぐ同窓会があるのよ。行けない理由が孫の葬式だなんて、なんだか年寄りくさくて人に言えないわ」

と言い放ち、両親と絶縁になった。

余談ですが、私はこの話を高校時代になるまで知らず、父の母は「ひどい事故を偶然目撃してしまい精神を病んでしまった。だから会えない。事情が事情なので、父方に祖母がいるとか、人に話したりもしないように」
と聞いていました。

高校の頃、父の母が大病し、連絡が入る。
ここで初めて真実を知り私はパニックに・・。

父の姉が連絡をしてきたが(ちなみに、父に姉がいたことも知らなかった・・)、要は過去を水に流して地元に戻り介護をして欲しいという話だった。

両親は当然突っぱねたが、父の姉はしつこかった。
果ては、親がやらないなら孫(私)がやるべき、父実家に住んで大学もそこから通え、とまで言い出したらしい。
自分は足が悪くて無理!の一点張りだった。

ついに電話で父の母と直接対決することにした両親。
私は自室にいたんだけど、父のすごい怒鳴り声が聞こえてきてびびっていた。

私の名前が何度も聞こえてきたのでついリビングに向かってしまったんだけど、母が泣きながら
「命根性の汚いババアね!もう死んで!死になさいよ!今すぐ死んで!!」
などと叫んでいて心臓止まるかと思った。

実はちょっとだけ、突然降ってわいた身内の話にほだされそうな自分もいました。
ひどい話と分かってはいたんだけど、自分に記憶はないし、父の姉は情に訴えてくるし、
両親のことを「そこまでしなくても・・」と心の片隅で思ってた。

でもあの瞬間、母が泣き叫ぶ異常事態を見て、そういう考えが100%吹き飛んだ。
私には「うちの親は真っ当な人間」っていう絶対の自信があるから。

両親の断固拒否姿勢は変わらず、加えて突然硬化した私を見て、父実家は諦めた。
介護費用だけは父がかなり出したけど(1000万くらい)、父の姉は一族じゅうに「一円ももらっていない」と吹聴し親族間でかなりの借金をしたらしい。
(この嘘は結局父の母葬式時にバレて大揉めしたらしいが、父は葬式にも呼ばれず、親族達もいまさら父の味方をするのもイヤだったらしくうやむやにされた)

あの修羅場の夜の詳細を両親は決して教えてくれなかったけど、最近、留守録用のテープを見つけてしまった。
ピンときてこっそり聞いたら、やっぱりあの夜の電話の録音だった。

私は本当に「命根性の汚い恥知らず」と呼ばれていた。
「あの恥知らずが今まで生きていたことは許してやる。その代わりこちらによこせ」
とか、気の遠くなる内容だった。

そんな人間の血が自分に混じってると思うたびに、ちょっと心の中が修羅場になります。でもやっと自分の中で「本当に片付いたな」とも思いました。
予想以上のクソで落ち込む反面、妙にホッとしてる不思議な心境です。
捨てた罪悪感が雲散霧消したんだろうな。