お互い結婚も考えて付き合ってた

将来についてもこういう家に住みたいとか、こんな環境がいいとか、2人でよく話してた

そしたら母が良くない病気だと判明した

そのことを話したら、何故か彼はうろたえ、その日を境に私から逃げた

着信拒否、アパートも留守でいつの間にか引っ越してた

バイト先も辞めていた

悲しかった

彼の実家も知ってたが、遠いし行っても嫌な思いをするだけだと思った

もう彼のことは無理やり忘れて病気の母の心配だけすることにした


母は手術も上手くいき、体力は落ちたが元気になった

その後何年かして私は卒業、就職して実家に戻り、そこで結婚した

実家で母と夫と楽しく暮らして1年程したら逃げた彼からメールが来た

内容はよくある言い訳と復縁希望


君のお母さんが病気だと聞いて、結婚を急かされてると思った

まだ僕は結婚とかしたくなかった、自由でいたかった

僕が悪かった、戻ってきて欲しい、あの頃2人で話した未来を今度は現実にしたい


そんな内容だった

私は「謝ってくれただけでも充分、今はもう結婚して幸せだから貴方もいい人を見つけてください」と返した

そしたら「別れて戻ってきて、その男よりも僕の方が幸せに出来る、どこそこに今住んでるから待ってる」と返ってきた

もう逃げた彼に未練はないし、仮にあったとしても無理、既婚なのにそんな訳にいかないまじめにお断りの返事をしていたが、返信のメールがすぐ来る

何か焦ってるような雰囲気だった


それで逃げた彼がSNSとかやってないか調べた

調べた時はわからなかったけど、その後別口で偶然何があったか判明した

私も面識がある彼の友達のSNSから、彼の母親が痴呆になってたと分かった

介護が大変で彼女にも逃げられたとのことだった


結婚まで考えてた彼女(←私)に難病の母親がいるからと捨てるからこうなった、因果応報、と書かれてた

その友達は、逃げた彼があいつ(←私)も母親が死んでさみしいだろうから(←生きてる)、俺(←私にだけ僕だった)の母の面倒を看てもらいたい、親孝行させてやりたい(←???)とか言ってたと呆れてた

その書き込みに彼が文句をつけたらしく、しばらくしてアカウントごと削除されてた


もう溜まってた彼からのメールに目を通す気も失せた

あまり使ってないキャリアメールだったからアドレスごと変更した

おわり