もう10年以上前、地元ではまあまあ有名な会社に非正規ではあるが働かせて貰ってました。

そこで働く2年目くらいに、サーバ管理の担当者から、職員の保存データが多くなりすぎたから、整頓するのを手伝って欲しいと頼まれました。

在籍している社員の個人フォルダについては、1人あたりのデータ量を設定し、期限を設けて整頓してもらうことにして、退職した社員の個人フォルダの確認を手伝うことになりました。

各社員は自分でパスワードを設定できて、個人フォルダには自身と管理者のアカウントでしかアクセスできないようになっているのに、共有フォルダに入れるべき資料等を入れずに退職してしまう人がたまにいました。

私用の仮の管理者パスワードをつくり、数日かけて退職者の個人フォルダをざざっと確認&削除。

必要そうなデータは担当者に確認。


昨年まで一緒に働いていた女性のフォルダを開いたとき、「一時保管」的な名前のフォルダを発見し、開いてみました。

その中にはメールがいくつか保存されてました。

個人的な内容は見てはいけないとわかりつつ、好奇心に負けて1つ開封。

当時の現社員(別フロア・立場的にはかなり上司)から、女性あてのメールでした。

「僕の言う通りにすれば間違いない。」とか、「今日も時間あるかな?いつものところで待ってて。可愛い◇◇ちゃん。」などといった内容。

サーッと血の気が引いて、フォルダごと即削除。

当時、女性は独身。

その現社員さんは女性より10歳くらい上で妻帯者、確か本社がある他県に家を買っちゃったとかで、こちらに単身赴任中でした。

女性の退職時にちょっと揉めたと聞いたことがあったが、私たちには退職金についての揉め事だったと説明されてました。

彼女も非正規だったから、契約書には退職金はないとはじめから示されてるのに変だよな~って思ってた。

なぜその女性がメールを保存してたのかわからないけど、いつも穏やかでニコニコしてた彼女がちょっと怖くなったりもしました。

今は私も別な仕事して結婚して過ごしてるけど、旦那が時々、「お前あの会社にいたことあるんだろ~スゲェなぁ~」って言うたび、ノドまで出かかるこの話。

何故か今日の夢にその女性が出てきて、目が覚めてしまったから書き込んでみました。
長くてゴメンなさい。


--後日投稿--

書き込んでから改めて思い出してたけど、その現社員さんは直接私の業務と関わってないから、どんな人となりなのか覚えてないんだよね。

顔と名前と役職と、更に2年後に私がそこを辞める頃に本社へ戻った、ってくらいしかわからない。

無事本社に戻れるんだから、何か起きていたとしてもお咎めなしだったってことだよね?

別な既婚社員さんが、違う県にある関連会社に異動になったとき、ほぼ同時に「辞めますー」って契約期間満了前にいなくなった非正規の若い子がいて、後に「子ども産まれました~」って年賀状来たこともあったわ。

その後の飲み会で、お局さん(正規社員)が酔った時に、勢いで聞いてみたら「不倫なんてフツー」って。

怖い職場だったよ。

私に手を出す人はいなかったけど(笑)


そして説明不足でした。

若い子の苗字が、関連会社に異動した社員さんのものになった年賀状でした。

辞めてから1年以内にお正月が来てましたよ。