身内がストーカー被害にあった事。

特定されないよう最大限ぼやかして書くが、被害にあった身内は20代なりたて、相手はかなり年配のオッサン。いやジジイ。

当然友達でもなんでもない。顔見知り程度の相手。

しかし婚約者認定されて付きまとわれた。

被害者は親戚の家を転々としてかくまわれながら暮らし、仕事もやめ引きこもった。

ストーカーは恐るべき嗅覚で親戚の家を凸して回り、皆ちょっと病んだ。

被害者は責任を感じてさらに病んだ。

俺ん家にも一時期かくまわれたがその頃すでに完全な鬱状態だった。

しかし病院に連れて行けなかった。

外に一歩でも出すと例のジジイがいるからだ。

結局警察沙汰になって終息したが、なぜかジジイが「女性の元交際相手」と報道された。

抗議したが後の祭り。

ほんのちっちゃく訂正とお詫びが書かれただけだった。

その記事のせいもあるかもしれないが、「女が気を持たせたんだろう」「男に貢がせて恨まれたんだろう」と複数回言われた。

ただの親戚の俺ですら言われたから、本人はもっと言われただろう。

俺たちは一方的な災厄に見舞われた被害者という認識で、実際そうなんだが、世間は予想以上に優しくないと思い知った。

ストーカージジイがうろついていた時も修羅場だったが、その後もまた違った意味で修羅場だった。