オリンピック関係のニュース見ながら、射撃とかも種目にあるのにメダルの話とか一切ないなと思ってカキコ。

今から四半世紀近く前、婦人自衛官として入隊した。(今は名称変わって女性自衛官)

新隊員は射撃予習って言って、実弾使わずに姿勢練習延々するんだけど、その段階から教官やよその班の班長に褒められていたけど、自分とこの班長にだけはダメ出しされてた。

まだ新隊員だしそんなもんかな、と思って迎えた初の実弾射撃。

300m先の標的はゴマ粒みたいでマジかって感じだったけど、結果は全弾5点圏内(標的は中心から5点4点3点点数なし)

新隊員どころか部隊配属になった隊員でもめったにない高得点で、教官達もびっくりしてた。

しかも、その時に自衛隊体育学校のスカウトも来ていたらしく、教官通じて体育学校に来ないかって言われた。

本当は即答したいぐらい嬉しかったけど、一応一日考えさせて下さいと答えた。


ところが、翌日になってびっくり。教官に返事しに行ったら、既に班長が「彼女は体育学校行かないといってます」って返答してたらしい。

もちろん大騒ぎになって、班長はかなりしらばっくれたもおの、最後には「自分も射撃でオリンピック狙いたかったけど体育学校行けなかった。それで嫉妬して勝手に断った」と白状した。

私はそれ聞いて一気に冷めて、再度体育学校薦める教官に「こんな人間が班長になれる自衛隊と言う組織に失望した。体育学校どころか自衛隊そのものを辞める」と伝えた。

相当引き留められたし同期と分かれるのも辛かったけど、結局新隊員前期教育を終えることなく退職した。

駐屯地を去るときに「嫉妬で不正する組織に未来は無いんじゃないですか?」と言ったときに、班長も教官も私から目を逸らしたのが忘れられない。