私は生まれてからしばらく、ひどい喘息で体が弱かった

まだ言葉も話せなかった頃から、熱に浮かされ咳が止まらず、苦しくて泣いていた記憶がある

私が3歳になったころ、母が妊娠してお腹がとても大きくなっていた

そして8月の暑い日、母と私と買い物して帰っていた

私はご機嫌でスキップして、母と手を繋いで歩いてた

いつも降りている長い階段につき、母を見上げたら、次の瞬間が隣をふっとんだ

母は私の手を離して、階段で転げ落ちてお腹の赤ちゃんが亡くなった

私は声も出ず呆然とした

感情がついていかなかったのを鮮明に覚えてる

偶然その場に近所に住む3歳年上の女の子、たーちゃんがいて、たーちゃんがその時のできごとを見ていたと証言した

たーちゃんは「あの子(私)がおばさん(母)を落とした」と話した

母は意識不明で生死を彷徨い、周りは病弱で親に甘えてばかりの私が弟か妹に嫉妬して突き落としたんだと考えた

私は周りから「お母さんを押したの?」と聞かれ、最初は解らないと答えていたけど、きつい口調で何度も何度も聞かれて、私が母をおして殺したんだと確信した


母は三ヶ月ほどして目を覚ましたけど、意識は戻らなかった

話しかけたら目を開く

動くものを目で追う

音がした方に反応する

そんな基本的な反応はするけど、喋ることも、ましてや私を認識することもできなかった

そのまま半年が過ぎ、一年が経過し、二年が経過し、三年目で母が目覚めたと聞いた

聞いたというのは、私が母を突き落としたことで今で言うサイコパスというのか、そんな扱いを受けて、子供の情緒を育てる的な特殊な病院に行っていて、母に会わせてもらえなかった

動かない母を殺すのは簡単だから私が母を殺すことを懸念されたのかもしれないし、母に会わせてショックを受けさせるのを防ぐためだったのかもしれない

今となってはわからないけど、母とは意識が戻ったあともすぐには会えなかった

手紙を書くことは許されたので、病院で色紙にクレヨンで手紙を書いた

おかあさんごめんなさい

おしてごめんなさい

とごめんなさいばかりを書いた手紙だった

そうして時が過ぎ、私の小学校入学が目前となり、普通の小学校は無理なんじゃないかと大人たちが話していた頃に、車椅子に乗ってガリガリになった母が訪ねてきた

母は私のことを見てワンワン泣いた

何度も何度も無事で良かったとつぶやいた


大きくなってから聞いたんだけど、母を突き落としたのは近所のたーちゃんだった

母は誰かに後ろから押され、咄嗟の判断で私の手を離したらしい

転がって落ちる過程で全てがスローモーションで見て、たーちゃんが手を突き出した状態で立っていたこと、そのまま私の後ろに立ったので私まで突き落とされると思ったことを話してくれた

たーちゃんは私が遠くに行ってから、家のハムスターを殺したりして、問題行動を繰り返していたことを父から聞いた

母の意識が戻ってからたーちゃんと話す機会を作ってたらしく、なんで押したのか聞いたら「押して転んだら中から何が出てくるのかなと思った」と言われた

私が普通の学校に行ったのと入れ違いでたーちゃんが病院にかかるようになったらしい

たーちゃんの親たちは私達親子を恨んでいて、一時期すごく嫌がらせをされた

私はその時まだたーちゃんのことを知らなかったから、人を殺した私が天罰を受けてるんだと思って修羅場だった

母もまさか私が母を落としたと思い込んでるなんて思わなくて、知ったときは言葉通り絶句して声もなく泣いた