大学で私はもう卒業単位とれてるんだけど、さんざん遊び回ってサボった人たちが追試だかレポート再提出だかさせられるんだって。

そんなのは自己責任なのに「助け合いだと思って~!」と、私にノートよこせ!レポート手伝え!終わってんだからいいでしょ!って迫ってくる。

単にサークルが同じ、ゼミが同じ人ってだけで、何かを助けてもらった記憶もないのに、追試一週間切って相当焦ってるのか知らないけど、一人暮らししてるのに家にまで来る。

私はテキストにも線引いて書き込みして勉強してたし、四年間のレポートのデータは全部バックアップとって保存してある。

それを知ってるからって押しかければ渡すだろうという算段みたい。

関係ない人とか学部違う人はさ、「そっちは卒業きまってるんだからいいじゃん。」と気軽に言ってくる。

でも私は大学推薦で内定もらってるし、もし不正に加担したってみなされて全て水の泡になったらと考えると、とてもじゃないけど手伝うなんてできない。

「見捨てるの?冷たいね。」「自分のために友達捨てるんだ。」と人格攻撃までされて辛い。


去年も同じように泣きつかれたから、私は今年、試験前に必要なら勉強みるよと伝えてた。

それなのに誰も図書館に来たのは授業中に教えて欲しいって声かけてきた男性4人だけだったよ。

「そんな知らない男の人がいるところに行けるわけない!」と言われたけど、そんなの自己判断なんだからどうして私がそれに付き合わなければならないの?

経済学で一部必須科目のテストに積分の計算があるから覚えたほうがいいよ。

私は理系出身だから放課後なら教えられるよ。ってそこまで助け舟だしたのに。

4人の男性は私がそう話してるのを小耳に挟んだだけで、見知らぬ私に頼んできたんだよ。

面と向かって言ってあげた。

それ以上何を助けてほしかったのかな。二週間もあったのに来なかったのは自分の判断だよね。

助け合い、助け合いって言うのなら、私が出したそのアドバイス分の見返りを返してから言って欲しい。

助け合いって本当に便利な言葉だよね。

言われた側は事情をよく知らない人から見たら悪者になるんだもの。

もう卒業だから周りがどうなろうが知ったことではないわ。