元いた会社で新入社員の一次研修が終わって歓迎会した時のこと。

教育係が新入社員の飲ませまくって一人が急性アルコール中毒で死ぬ寸前までになった。

脳に障害が残るほどの状況と言えば酷さが分かると思う。

私含め他の社員が煽る教育係(私の先輩社員にあたる人)を止めたけどウルサイと別の部屋に追い出された。

逆らう気力もなく隣の部屋のもう一つの飲み会の方でどんちゃん騒ぎをやり過ごした。

そして帰るときに新入社員の一人が起きない。

それどころか失禁して呼吸がおかしかった。

この時点で救急車を呼べばよかったけど、その教育係が大げさだ!水を飲めって無理やり飲ませようとした。

その最中も俺も若いころはこんな風に酔いつぶれた、皆も酔ったら水飲めと力説。

しかし明らかに様子がおかしくて、店員が大丈夫ですかって様子を見に来た。

そしたらその店員が店長を呼んで店長が救急車を呼んだ。

その救急車が着く前に呼吸が停止。

酔いが深くない連中はみんな青くなったけど、どうしたらいいのか分からなかった。

そして救急車に運ばれた新入社員は後遺症が残る結果となった修羅場。

結局、会社と幹事と教育係が示談金を払った。

会社の上の人が数名処分されたり、教育係やっていた先輩社員はクビ。

その場にいた社員も口頭注意された。

示談金の詳しい額は明かされなかったけど、噂では何千万らしい。


この季節になったら苦い思い出として蘇る。それと今でも後悔してる。

例え立場が上の人であっても無理にでも止めるべきだった。

それがあってから、その会社では会社の飲み会は届け出制になった。

出さずに会社に所属する人間が3人以上で飲み会したら処分されるっていう厳しい規則。

辞めてから結構年が過ぎたけど、今でもこれが残ってると思いたい。