1人暮らしの姉、面倒がって住民票を実家に置いたままだった

実家から電車とバスで30分程度に住んでるんだけど、実家に戻ってくるのは盆と正月くらい

よく両親と食事や映画に行ってたから、別に実家が嫌いなのではないけど、1人で住んでる家は繁華街に近かったから、わざわざ田舎まで戻るのが面倒だったんだろう

そんな姉が数年前から、選挙の時だけ「投票する」といって戻ってくるようになった

母親はそれを見て「まさか、宗教にでもはまったのでは?」とハラハラしていたそうな

投票所から帰ってきて「投票に行ったはいいけど、誰が立候補してるか全く知らなくて困った」と言った姉に「なんだ、あんた支持してる政党があるわけじゃないの?」と言った時のほっとした表情が不思議だったんだが

その後、姉が京都旅行から帰ってきて「観光ついでに清明神社で厄払いしてもらっちゃった」と言ったのを聞いて「よかった、変な宗教にはまったのかと心配だった」と言いだして、ようやく謎が解けた

と同時に、母が一人勝手にはまっていた修羅場もようやく終わった