以前、海の幸のにぎり寿司食べ放題というツアーに参加したら、最初にでかい太巻きが一人一本出てきて、

「最初はその太巻きを召し上がって頂き、その後はあちらのカウンターでお好きなにぎり寿司を好きなだけ召し上がってくださって結構です」と言いやがった。

一般的な成人男性でも一本食えば腹一杯になりそうなサイズ、中身はかんぴょうと卵焼きとキュウリとでんぶのみ。海の幸もへったくれもない。

詐欺だなんだと客が騒ぎ出したら「太巻きをパスされるかたは、別途料金3000円であちらからスタートできます」と言ったが、渋々了承したのは数人のみ。

これはもう、懲らしめないといかんなと、わんこそば大会355杯、寿司大食い大会185皿の記録を持ち、某有名大食いファイターとガチバトルで惜敗した経験のある俺がエンジン全開。

重い空気の中「いっただっきまーす♪」と太巻きを1分弱で完食。

「じゃあ、あっちへ移りますね~」とカウンターへ。

まだこの時点では「太巻き一本食ったんだから大して食わないだろう」と主催者もヘラヘラしてた。

「何をどれだけ食べてもいいんですか?」「はい、何でもどうぞ」「ネタが無くなったら追加してもらえるんですか?」「はいはい(笑)足りなかったら市場まで買いに行きますよ(笑)」と大きな声で確認した後、「じゃあウニと大トロ」とスタート、300カンまでカウントした。

ウニは木箱を2回取り替えさせた時点で「すみません、もう品切れです」と言ったので「足りなかったら市場まで行ってくれるんでしょ?ウソなんですか!?」と詰め寄ったら渋々交換。

ウニだけで80カンは食ったと思う。

他の人達はギャラリーとして楽しんでて、途中で主催者が「お客さん、お金全額返しますから勘弁してください」と言ったら「卑怯だぞー」などと援護してくれた。

帰宅してから胃腸壊して2日ほど入院した。