某夜祭での出来事。私はボランティアスタッフをやってた。

有名なお神輿が出るので側道には人がごった返していた。

前の方に身長180cmを超える男性がいた。

男性の前には7歳くらいの娘さんがいて、スペースが空いていた。

その真後ろにいたとても小柄な相当高齢のおばあさんが「私はこの身長でお邪魔にならないと思うので、前に入れて頂けないでしょうか」って言った。

男性は何度も舌打ちしながら「入りたいんですか?どうしてもですか?じゃあどうぞ」って言った。

お婆さんが「ご迷惑おかけしてすみません」と言って入ろうとしたら、その男性は「やっぱダメでーす」ってそっぽ向きながらお婆さんを押した。

その一連がホンッッットに、意地が悪かった。

周りの人が、あなたはすごく大きんだから入れてあげたら?と言ったら

「背が低くて見えないのは仕方なくないですか?俺のせいじゃないですよね」

「自分の方が早くきたからこの場所にいる。遅れた人は一律後ろでしょ」って。

見かねた別の人がそのお婆さんを見やすい位置に入れてあげていた。


やがてお神輿が近づいて、その男性が娘さんを肩車した。

周りの人が、肩車は危険だからやめるように注意した。

男性は「は?それじゃうちの子が全く見えなくなるんですけど」って反発。

そこで私が介入して「混んだ場所での肩車は大変危険ですので」と注意。

すると男性は「じゃあ、小さな子供は見れないんですか!?」って。

周りの人が「あんたさっき、背の低い人は見れなくても仕方ないって自分で言ってただろ」というと、男性は「子供は別でしょう!!」と。

私が「なんであってもこんな場所で肩車は禁止です。やめてください」というと、男性は子供と一緒に最前列に行こうとした。当然阻まれる。

男性は「この祭りは、子供は見れないんですか!?ありえないでしょう!」というので、子供達は一番前で座って見ていることを教えてあげた。

自分もそこへ入れて欲しいというので、あの子達はずっとあそこで場所取りしていた子達で、子供優先席じゃないんですよと答えたら又怒る。

すると周りの人がまた「あんたさっき、後から来た人は後ろだって自分で言ってたじゃないか。背が低い人や遅れて来た人は見れないんだろ」「父親の考えなんだから、娘にもそう伝えなよ」って笑った。

男性は「譲り合いの精神とかないんですか、地域のお祭りでしょう」とあたかも自分が正しいかのように言うので、最初のお婆さんはもちろん、後から来た小柄な人や外国人観光客、子供などは前に入れてもらっていることをその場で見てもらった。

「あれはルールではなく皆さんのご好意で、まさに譲り合いです。このお祭りは地域の祭りではなく神事ですので、氏子の皆さんはできるだけおおらかに過ごします。あなたが譲らなかったので、周りも譲らなかっただけです。お婆さんにした意地悪は、皆な見てましたから」と、小声で言ったら、

あんた誰だよとつっかっかってきたので、神社の者ですが…と答えると、周りが「神様が見てるぞお!」って笑い、男性はようやく大人しくなった。


で、長くなったけど何が神経わからないって、その男性は私に文句を言うために列から外れていたんだけど、結局元の場所に戻って最後まで見続けたんだよね、針のムシロなのに。

娘さんは当然全く見えず、帰りたいって言ってたけど無視して見てた。

帰り際、お陰様でよく見えましたって周りにお礼を言っているお婆さんになんか毒づいていた(お婆さんには聞こえない距離だった)。

男性の位置からはちょうど案内板が邪魔をして角度的に見えないんだよね。(だからこそ、最初からそこだけスペースが空いていたのだ)

お婆さんにあんな意地悪しなければ、娘さんは多分前で観れたのにね。

自分も一緒に行こうとするから阻まれたんだよなあ。