愚痴。

母親から、仕事をやめて生活していけない。援助してくれって連絡がきた。

本気で私に援助してもらえると思ってることに心底ビックリだよこっちは。

お母さん、私忘れてないよ。

あなたの機嫌が悪いと私が作ったご飯なのに食べさせてもらえなかったこと。

三歳から包丁握らされて少しでも焦がしたり失敗したり、失敗してなくてもあなたの口に合わない料理を作ったら殴る蹴る罵倒すると散々な目に合わされたこと。

小さい頃はお陰で生傷が耐えませんでしたね。

父が大人の男が全力で私を殴り飛ばしてもあなたは笑ってみてましたね。

祖母が物差しで私を叩いても手を叩いて喜んでましたね。

中学、高校と周りの子はみんな塾に行っている中、塾どころか自宅での勉強も妨害しておいて百点に一点でも足りなければ真夏は熱湯をかけられ、冬は冷たい浴槽に叩き込まれ。

お陰でやけどの後は今でも残ってるんですよ。

真冬に裸で外に叩き出されたこともありましたね。覚えていますか?

その結果私が風邪を引いて40℃の熱を出しても学校に行けと家から叩き出しましたね。

結果、こじらせて肺炎になるわインフルにまで感染するわとほんとに大変だったんですよ。

あなたは病院につれていってはくれないから、あなたがいない隙を見計らって親戚の叔父さんに電話で助けを求めてやっと病院で治療してもらえたんです。

退院後、貴方に「恥をかかせた」罰として食事は抜かれるし殴られるしで大変でしたが。

バイト禁止の進学校に自分の見栄のためだけに行かせておきながら、家にお金がないんだから働けと私が学校に隠れてバイトを始めるまで毎日殴ってくれましたよね。

そしてそのバイトが学校にばれて私が停学処分を受け、当然バイトも辞めた結果、あなたはビール瓶で私に殴りかかってきましたね。

学校で必要な教材費や模試代を出してもらえず、貴方に内緒で親戚に土下座をしてお金を借りました。

どんなに情けなく恥ずかしかったことか。今でもそのお金は返済し続けてるんですよ。

あなたの見栄で行かされた某大学も、結局あなたの都合でやめさせられましたね。

貴方にとって、私は家族ではないと散々言いましたよね。

呼び方も名前ではなく、でき損ないやくずと呼んでましたよね。

家族じゃないから何してもいいと殴る蹴るの暴行を加えられたこと私は一生忘れませんよ。


ねぇ、教えてあげましょうか。私、子供産めないからだになってたんですよ。

あなたの暴行のせいだと断定する気はありません。だって証拠がないから。

でもあなた、私が必死になって庇っても集中的にお腹を狙って攻撃してきましたよね。

一生覚えておきますね。

あぁ、一つだけ感謝してますよ。あなたが私を風俗に落としてくれたこと。

収入が増えたお陰で、少しずつ取られるお金を中抜きして、あなたから逃げるためのお金をためられましたから。

お陰様で今は風俗卒業して、幸せに暮らしています。

もう二度と会おうとは思いませんし関わりたくもないですが、どうぞお幸せに。

って手紙かいて送りつけて良いかな。どうせ罪悪感も感じないんだろうけど。

そもそもどうやって私の連絡先知ったんだろう。

新しい引っ越し先早く見つけてまた逃亡生活送らないとなのかな。