つい今しがたの話

かなり主要な電車が止まり、バスに振替の客が殺到した

バス停は長蛇の列。私は一本見送った後次のバスにようやく乗れたんだけど、私の3人後くらいで優しそうな運転手さんがとても申し訳なさそうにもう乗れないから諦めて欲しい旨をアナウンス。

乗り込もうとしてた客はおとなしく諦めたんだけど、列に並んでいた女性が「新幹線の時間に間に合わないから乗らせてもらいます!」とすごい勢いで割り込んできた

運転手さんが「新幹線に間に合わなかろうが乗れないものは乗れないんですが…」と言ったらその女性

「新幹線に!間に合わないのよ!!!後ろ!詰めなさいよ!!!空いてるでしょう?!知ってるんだから!!!」と喚く喚く。そんで無理やり乗り込んだ

すごい剣幕にバスの運ちゃんもお触り禁止案件だと察したのか、そのまま出発

急いでるならタクシー乗ればいいって言ってやればよかったなー

割り込まれた人可哀想…人間とっさには何も言えないものなんだなーと、悶々としながらバスに揺られ、目的地に着いたので降りようとしたら、例の女性も降りようとしていて、運転手に振替切符を渡していた

運「どこまで行くんですか?」(行き先によっては振替切符をまだ使うだろうから)

女「どこって…新幹線もう行っちゃったし…泊まる場所もないし…」(しょんぼり)

運「はぁ…」

という会話を尻目に降りてきた


その路線、帰宅ラッシュだとバスはめちゃくちゃ時間かかるんだよね。

電車だと5分のところが30分はかかったかな

大人しくタクシー乗ればよかったのに。

新幹線とか大事な用事があるのにバスを選ぶ危機管理のなさと、自分さえよければと他人を押しのけて乗り込む身勝手さと、泊まる場所がないとかバスの運ちゃんに行っても仕方ないだろうにと色々な意味で神経がわからん