すんごい好きだった彼氏をあっさり捨てた時の話。

五年付き合ってた。

無駄だったと思いたくないけど、いや無駄だったわって思う時修羅場になる。

4年目にきっかけないと結婚せんなーって二人で行ってて、ブライダルのお安くしますよーなイベントに応募したら当選。

挙式は来年の6月空いてるからここにしよーってトントン拍子に決まり、ドレスも決まり、私は年末に友人に報告。

あっちはもう既に結婚する気なかったみたいで誰にも言ってなかった。親も挨拶したっていうのに、誰にも。

ある日お金のことで揉めて、賞与出るから使い込んだ共同貯金の返還を求めたら

「急に言われても困る」

「死ねばいいのに」

「お前のもん買ったからだろ、俺にたかるな」

いやいや、使い込んでから2年経ってるよっていう。給料から返すって言って一円も返してないよ。

私のもの買ったって…私がいらないと言ったものをサプライズ的に勝手に買ってきたのそっちじゃん。

なんかこいつ金に関してマジめんどくせえ~ってなってしまって、愛情メーターは目減りを始めた。


その後年明けに「年末に友達と集まって小遣い制になるって考えたら嫌になった」

お互いの手取り18万で3万の小遣いって相当いいと思うんだけどなあ。

「俺だけ結婚とかなんか自由がなくなるみたいで嫌だ」

「本当は結婚なんてしたくなかった」

私ブチギレで婚約解消!別れる!式場キャンセルはテメーでやりやがれ!!って感じで式場のファイルとか全部投げるように押し付けて、そのあと自分の部屋で泣いた。

悲しいじゃなくて悔しくて泣いた。

心配して部屋に来た甥(3歳)が「痛かったねぇ、だいじょーぶ、よしよし」って慰めてくれた。

自由がなくなる?制限なんてしてねーし付き合いを止める気ねーよ。

小遣い制?お前の給料からそんだけ出したらこっちの小遣いはねーよバカかよ。

酒タバコは家計から出せとか頭沸いてるわ。

世の中の旦那は3万はもらってるって、収入を見てから言えよ。


婚約破棄して別れたと思って色々捨ててたら「なんで婚約解消しただけなのに別れるにつながるの?」とか宇宙人な事言い出したから、残りカスみたいな愛情が蒸発した。

もう干ばつどころじゃないぐらいに。

そして自分でも驚くほどどうでもよくなった。

それはもうズッシリとした心臓の痛みとか、悔しくてジワーッと出てた涙とか、全部吹っ飛んだ。

そして実感した。この人が人生の半分!!くらいに思ってたのは幻想だったのだと。

その後はどうしたのか知らないし知りたくもない。

けど新しくできた彼女さんには会えば言いたい。

お金は返してくれないから貸さないほうがいいと言いたい。