結婚してまだ1年ちょっとなんだけど、夫と金銭に関する価値観が違い過ぎて辛い。

最近では一生添い遂げるのは無理ではないかと思うようになってきた。

夫はとにかくお金を使うことを嫌がる。

実家があまり裕福ではなくて、学生時代倹約倹約しながら一人暮らししてたこともあり、お金を使わずに済むなら使わずにそのぶん貯金に回したいってのが凄く強い。

それはそれで大事なことなのかも知れないけど、そんなことまで・・・と思うようなことまで私にも同じように倹約を求められるのが辛い。

例えば洗濯物を干すのに、6連ハンガーってのを買ってきた。

これなら急に雨降ってきた時に、まとめて一気に部屋に入れられるし、シャツの肩幅に合わせて調整できるし、何より肩の部分に変な凹みが出来なさそうと思って。

セールで500円ぐらいだったから安かったし。

で、それを見つけた夫が「何こんなの買ってんの?」って怒り出した。

上記のような理由を言ったら「クリーニング屋で貰ってくるハンガーで十分なのに何故こんな無駄金使うんだ」って言う。

「便利に使ってて買って良かったと思ってるし全然無駄金だとは思わない。第一針金ハンガーってシャツに変な型がつくから嫌なの」って言うと、買わずに済むものを買うのは無駄金だって引かない。

うちは共働きで生活費も家事もほぼ折半。

だからどんな細かいものでも買うときは相談しろってのが夫の言い分だけど、これぐらいの日用品まで許可がいるってのもおかしな話だと思っている。

外食でも、誕生日とかたまにはお洒落してディナーとか行きたいって言っても(恋人時代には行った)ファミレスしか連れて行ってもらえなくて、そんなに行きたいなら自分の小遣いで友達と行けって感じ。

で、そのファミレスに行ってもドリンクバーとか付けて注文すると、ああ言うのは元取れないんだから無駄だ、水飲んでろって。

私も夫も読書が趣味なんだが、夫は図書館から借りて読むしかしない。

私も基本そうなんだけど、たまに楽しみにしていた新作を買ったりすると露骨に嫌な顔をされる。

「一回読めば用のないものに何故金をかける。それこそ無駄金だ」って。

なんかもう息が詰まって死にそう。

これじゃあ家計費折半なのにあんたが支配してるみたいじゃないかって喧嘩になった時は「おまえに任せると無駄金ばかり使って貯まるものも貯まらない」と言われた。

だけど私は決して浪費家ではないし、借金もない。貯蓄も年相応にはある。

貯蓄も大切だけど、生活を楽しむことも大事だと私は思う。

恋人時代にはそんなところは全然見せなかった。

結婚した途端に煩くなって、それを言ったら、家庭を持てば変わるのは当然のことだってあっさり言われた。

だとしても極端過ぎる。

ここまで感覚が違うと分かっていたら結婚したかどうか・・・。


先日、遠方での知人の葬儀に泊まりで出掛ける時に、夏のボーナスの一部で買ったガーメントバッグを下げていたら、またもや無駄金使ってと責められた。

私の仕事は本社での研修が割と頻繁にあって、行き帰りの移動はラフな格好にしたいからスーツは別にして持っていく。

なのでこのバッグは前々から欲しいと思っていたもの。

今まではスーツ買った店で貰った手提げのハンガーとカバーを使ってたけど、あれ、持ちにくいし、これからいくらでも使う機会あるんだからガーメントバッグのひとつぐらい持っててもいいじゃないかと思うんだ。

1万円もしないものだし、自分が使うものを自分のボーナスで買って何が悪い。

夫はスーツを着ない仕事だからか、どう説明しても無駄金だと言って理解してもらえない。

この一件で、なんかもう無理だなって思った。

こんなにがんじがらめに束縛されてまで、夫の夢であるマイホーム取得を目指して一緒に頑張る気になんてもうなれない。

節約が悪いとは全然思わないけど限度がある。

まだ子供もいないし、まだ20代だし、人生をやり直したい。

夫にも私なんかと違う、節約大好きな倹しい女性と再婚したほうがマイホームへの近道だと思う。

実は先週末に緑の紙貰ってきた。

ふたりの共通の休日が日曜日だけなので、離婚覚悟で話し合おうとしたけど、きっかけが掴めなかったorz