今思えばよくある話なんだろうけど、当時は若くてわからなかった修羅場。

元彼とは中学生からの付き合いでした。

同じ部活ということで中1で知り合い、2年で同じクラスになって交際開始。

その部が全国に行けるかどうかレベルで、学校も親も力を入れてくれていたので両家の親公認の交際でした。

元彼は責任感が強く、実年齢より大人びた人でした。

同じ高校へ進学し、卒業後は、同県内の別の大学へ。

彼は一人暮らしで、私は実家から通ってました。

交際は順調でしたが、大学2年の時、意外な事実が判明しました。

元彼、酒乱でした。

飲むと本当に人格が変わるんです。

元彼の学生だけが集まったコンパで、まず暴れたり殴ったりが2~3回あったみたい。

学生だからということでお店が目をつぶってくれたり、先輩がかばったりして通報されなかったんですが、

ある時、店に居合わせただけの全然関係ない人を殴ったとかで通報され、元彼の親御さんが呼ばれる騒ぎになりました。

ちなみに↑までは、私は知らされていませんでした。

私が彼を酒乱だと知ったのは、元彼の家のある御祝いに招待された時です。

最初はビールを注がれて、ご機嫌で飲んでいたんですが、顔が赤くなってきたと思ったらみるみる目がすわって、形相が変わって。

私はたまたま彼の甥っ子の相手をしていてTVの前にいたので、彼とはテーブルを挟んだ距離にいました。

それでも形相が変わっていくのがはっきりわかりました。

元彼のお姉さんが「もう顔赤いよ。やめときな」と言ったのをきっかけにお姉さんを始め、四、五人が殴られたと思います。

私はワーワー言いながら逃げる中にまぎれて、気が付いたら外にいました。

あとで聞いた話ですが鼻の骨を折られた人もいたとか。

元彼と話し合って、「もうお酒は飲まない」と言ってくれたんですが、その後も結局やめることはありませんでした。

「お酒さえ飲まなきゃいい人だから別れられない」って、他人事だと思っていたんですが、いざ自分がなってみたら、まさにそれでした。

「今まで自分が8年見てきた元彼像が、お酒で一瞬で覆されるなんて」と信じられませんでした。

1年間、元彼をかばったりケアしたりしましたが、結局両家の話し合いが持たれて、別れることになりました。

2年後、彼は執行猶予中に傷害事件+飲酒運転で逃走して、実刑に。

アラサーになってやっと、別れてよかったんだと思えるようになりました。

でも当時は「お酒さえ飲まなきゃいいんだから問題ない、問題ない」と自分に言い聞かせてました。

8年見てきた彼の方を信じたかったんですよね。

現実には一瞬でそんなの覆されるんだと今ならわかりますが。