金関連で親友を無くした

親友が自転車で走行中にバイクと事故を起こした

相手のスピードが100キロ超えてて、両足骨折、利き手の鎖骨と前腕骨折した

親友は片親で毒親だったから親の連絡先を保存して無くて、私を家族だと言ったみたいで、私に連絡が来た

お互い26歳の頃だった

親友を受け入れてくれた転院が、看護師がおんぶに抱っこしてくれるようなところとは違い、自分のことは自分で、無理な部分は家族に支えてもらって行うという方針の病院だったため週3回見舞いに行って、必要なものは全部買って、洗濯物もして、手続きも何もかも私がやった

やることが多くて相当しんどかった

17時間の手術にも医者に言われて私が待機して、症状が安定してからの転院の手続きも私がやった

弁護士も探して相談した

お金は後で請求できるといわれたから、これまで買ったもののレシートも全て保管しておいた

請求は親友の名前でしなければならないから、それも私がかわってバイク運転手の保険会社とやり取りして行った

親友が事故して直後は手続きに追われて有給10日も使って会社から釘刺されたこともあった

忙しすぎて親友の事故後一年の記憶は曖昧なんだけど、リハビリ2年も支え、介護保険やらの手続きも、弁護士との話し合いもほとんどやりきった


細かいこと書いてると長くなるから省略

最終的に弁護士から、これまで購入したものの費用、私がたて替えてた介護タクシー等の利用料、私が有給をとって休んだ分のお給料分も相手に請求できるといわれた

すべて証拠があったので、弁護士が費用をまとめてくれた

私に戻ってくるお金は7桁に至っていた

相手の保険会社がゴネた分も有るから、認められた分だけなんだけど、それでも7桁

請求はやはり親友の名前で、親友の通帳に振り込まれる

それらのお金は示談金や慰謝料とかとは別に先に請求して先に支払われたんだけど、親友はこれまで見たことのないまとまったお金に目の色が変わった

弁護士の前で、これは私のお金だから誰にも渡さないと言い始めた

弁護士が説得しても一円たりとも渡さなかった

事故のあと、気性が荒くなって攻撃的で当たり散らすようなところがあったけど、大怪我をしたからだと思っていた

怪我が治ってリハビリが進めば元の親友に戻るだろうと思って支えてきたけど、親友はより攻撃的な性格に拍車がかかった

弁護士が呆れてた

弁護士がこれまで私がやってきたことを丁寧に説明してくれたけど、親友は聞く耳を持たなかった

私がそれなら私が親友相手に費用請求するから弁護士紹介してくださいと言うと、親友は激怒したけど、弁護士さんは当然の権利であり、これまでの介護労働分も請求できると言ってくれた

親友はそれでも私の親友かと怒ってたけど、親友の縁を切ったのはあなただよ


親友の入院中、出世の話もあったけど、親友の見舞いがあって残業できなくて流れた

婚約者もいたけど、婚約者より親友優先の一年で、予定していた結婚式の準備もできるような環境ではなく、婚約破棄された

症状固定の話がでたタイミングで親友の件は手を引いたのでその後親友がどうしたのかは知らない

自分の経験からいえることは、他人のために人生生きたって何も残らないということ

あなたの痛みはあなたが誰かのために生きたという証だとか綺麗事抜かす人いるけど、他人のために生きる人生になんの価値がある

事故後親友に近づきもしなかった人間が今さら近づいてきて私に綺麗事を言う姿が滑稽で笑える