離婚したきっかけの話

当時結婚後に元旦那に借金が発覚した。

それでも旦那ラブだった私は必死にやりくりしながら出産半年で仕事復帰し、家事育児やって甲斐甲斐しく元旦那の世話をしていた。

元旦那は薄給な上に、私の給与を合わせても3分の2は毎月借金返済に飛び、保育料、未払いだった車の税金などで残るお金は雀の涙…

それでも小遣いがないと可哀想だろうとなんとか3万は捻出して毎月渡していた。

ある日長年ファンだった某ゲームの新作がでると情報を聞き、それの為に毎月いくらか貯めたいから私も小遣いが多少でいいから欲しいと申し出た。

その時元旦那は私を一瞥もせず「(自分と)同じ額だけ貰えば?いいんじゃない?」と言った。

その瞬間、今まで旦那大好き!旦那くんいなきゃ私死ぬ!ってくらい好きだったのにさーっと引いた。

その3万捻出する為に私は今までどんだけ我慢したと???って怒りがわいてきて、そのまま無言で子供連れて実家帰った。

その後はゴネにゴネられたが1年以上かけて離婚した。

人間何気ない一言でびっくりするくらい冷めるんだなって我ながらびっくりした。