今年の夏の出来事。

旦那のおば(義母の妹)は、ハワイに嫁いで、コンドミニアムの管理会社の社長さん。

結婚当時から「ハワイに遊びにおいで」と言ってくれていて、激務のため、新婚旅行もまだだし、仕事も一段落付いたし、そろそろ遊びに行こうか、って話になった。

そしたら、おばさんが往復をビジネスクラスで取ってくれて、空港のラウンジも使わせてくれる手配もしてくれた。

(こちらも、密輸かってくらいに地元の土産を山ほど持参)

旅行当日、空港に着いたら、旦那が家族連れに声をかけられた。

旦那が腰を低くして挨拶をしていたんだけど、どうやら取引先の部長さんだとか。

挨拶を終わらせ、ラウンジに行こうとすると、部長奥様が「どこ行くの?」。

「ラウンジを手配してもらってるんで、そちらに」

「まあ、いいじゃない!私達もご一緒しましょう」と奥様。

旦那が「私達も全部手配してもらったんで、他の人の利用ができるかどうかわからないんですよ」と言っても、奥様は「行ってみなくちゃわからないじゃないの。ダメ元よ」。

ラウンジでうちらはクーポンで入室、当たり前だけど部長家族は拒否られる……

ラウンジで食事をして、飛行機に乗り込む段になると、

「なんで、あなた達は先なの?もしかして、ファーストクラスなの?」

「いえいえ、ビジネスを手配してもらったようでして」。

すると「ねえ、席を交換してもらえないかしら?貴方達はエコノミーで、うちの子たちを見てくれないかしら?」と部長奥様……

もちろん、そんなことは出来るはずがなく、私たちは部長家族に頭を下げ下げ搭乗……


ハワイについて、もう、流石に会わないだろうと思ったら、2日目でショッピングセンターで再度遭遇。

部長奥様が「いっしょに食事しよう」と言い出したのを、なんとかお茶で誤魔化すが、ティールームでも「どこに泊まってるの?」とうるさい。

「おばが手配してくれた小さなコンドミニアムでして、自炊なんですよー」と、なるべく刺激しないように答えたんだけど、

部長奥様が「コンドミニアム!」とお目々キラキラ。見せろ、見せろ、とうるさい。

(部長さんを見ると、恥ずかしいのか、私とは目を合わさない)

旦那が「今日はもう予定がありますので」と伝票奪って逃げるように店を出た……

その後もハワイでは遭遇しなかったし、帰りの飛行機も違ったらしく、出会わなかったのでホッとしたんだけど……


先日、その取引先の部長さんから、旦那に直で「この冬、ハワイのコンドミニアムを招待してくれないか。行き帰りはビジネスで」というお願いが来たそうで……

旦那、丁重にお断りした上で、来年の春に向けて、部署異動をお願いしている。

通らなかったら、転職まで視野に入れての交渉中……

図々し人って本当にいるんだな、と思った。怖い。