婚約者は高校の同級生。

当時めちゃくちゃDQNでほぼ休み時間と英語の授業(それでも真面目に受けずに友達と喋ってばかりだったが)しか見かけないけど、めちゃくちゃ勉強できるギャルだった

俺は友達0人のインキャで勉強しかやることがなかったので体育以外は成績が良かった

テストは常に学年トップだったけど自分のすぐ下には絶対数点差で婚約者がいて、唯一教室にちゃんといた英語の教科だけは俺は絶対勝てなかった

その頃接点は無かったが俺が勝手にライバル心を抱いて張り合っていた。心の中で。

3年間同じクラスだったが成績差を付けることは出来なかったし、英語で婚約者より良い点数を取れることはなかった

それから10年ほど経って仕事を通して再開し、なんやかんやあって交際に発展して今に至る

結婚前の荷物整理を手伝いに嫁の実家に行ったら高校の教科やらも出てきた。

教科によっては「この教科書、一度でも開いたことあるのか」って位綺麗なものもあったし、ノートは名前だけ書いて中身真っ白だった

整理してたら当時英語だけは勝てなかった事を思い出し、英語のノートを探して見せてもらった

そしたら英語の訳が物凄くギャル仕様だった。

今日は晴天でとても気持ちの良い日だった→今日超晴れててあげ

〇〇の日本語はとても上手で感心する→〇〇日本語うますぎてやばい

しかも三年でノートの冊数が一冊にも満たないというサボりっぷりで愕然とした

こんなのに負けてたのかと思って悔しかった。

実はサボって見えただけで裏でもう勉強してるものだと思い込んでいたから

「授業?聞いてたよー話しながらでも聞けるじゃん」らしい

他の教科は「とりあえず回答してみたらなんか出来てた」らしい

婚約者は今でも俺より英語がうまい

学生時代の思い出といえば勉強を頑張ったくらいしかない俺だから、そんなにユルいノリで負かされていたのかと思うと劣等感が凄い

婚約者のことはもちろん愛している。一緒にいたい。

けど俺の器が小さすぎてうまく結婚生活をやっていく自信がない。修羅場だ