特殊な自営業をしていて、ある仕事を請けたら収益が2年分あった

その仕事をこなすために半年弱休みなしで働いてたので、お客さんと相談の上3ヶ月ほど何も仕事を取らずにニートになることにした

そのタイミングでアパートの更新時期が来たので、貯金を頭金にして前から目をつけていた分譲マンションを買って転居した

両隣に挨拶に行ったが、右隣には障害のあるお子さんがいるとのことだった

自分は基本的にインドア&ものぐさなので、買い物もネットスーパーを使う

たまにマンション外周から近所の公園をぶらぶら散歩するくらい

しかしさすがにこもりきりにも飽きたので、友人を誘って海外旅行に出た

友人も自営業で閑散期に思い切って1ヶ月休みを取るというので一緒にロシア~アジア各国をぶらぶらした


帰国したら右隣が空き部屋になっていた

特に気にもしなかったが、左隣のおばちゃんがwktk顔で寄ってきて顛末を教えてくれたところによれば、

・右隣の住民が私に子供を預けようとした(子の学校は夏休み期間、私は旅行中)

・いつも家にいるらしいからチャイムを鳴らせば出てくると思ったが一向に出てこないので居留守かと思い、腹を立てて子供だけ置いて帰った

・子供は車椅子で、自分では動けないのでじっとそこで待っていた

・結果的に熱中症になってぐったりしているところを、パートから帰ってきた左隣のおばちゃんが発見、通報して病院へ

・その子供の両親と連絡がつかず、マンション管理人が緊急連絡先に登録された子の父親の実家(遠方)へ連絡→祖父母が飛んできて入院していた子供を引取り

・子の祖父母が謝りにきたときに「子の両親は千葉の某遊園地で2泊するために子供を置いていった」ということが判明

・子供は元気になったので、祖父母がそのまま連れ帰るとのことだった

・そのあとはやけに人の出入りが多くなり、どうなるのかwktkしていたら先週いきなり挨拶もなく引っ越していった

とのこと

うわー託児話だこえーと思っていたら、翌週の夜中にいきなり窓ガラスを割られた

トイレにこもって即警察を呼んだが、外から石を投げ込まれたらしい

他に何かないかと調べたら集合ポストがぼっこぼこに壊されて、さらにバイクのタイヤに傷がついてタンクまでへこまされてた

状況的に自分が狙われたことは明白だったので、やむを得ずマンションを手放して転居した


数年後に新しいお客さんがついたので顔合わせして世間話をしていたら、その人が私が住んでいたマンションに住んでいることがわかった

その人がいうには「うちのマンションには幽霊が出るんですよ。○年前に親に置き去りにされた子供が死んで、親を恨んで化けて出るそうです。

たまたま子供が死んだ前の部屋の人は子供の幽霊を見てノイローゼになってバイクで事故って死んだそうですわ」とか言い出して、笑いをこらえるのが大変だった