私が新生児の頃に、父のギャンブルによる借金で両親が離婚

その後母は女手ひとつで私を育て上げて大学まで出してくれた

父親は養育費も払ってないし、面会なんて1度もしたことがない

親戚間でも父の存在自体がタブーになってるせいで名前も知らないほどで、自分が結婚するときに戸籍謄本取り寄せて初めて知ったくらいw

離婚の原因について知ったのも成人してからだったと記憶してる


その父が突然死したらしく、後妻とその息子から、弁護士経由で相続放棄の依頼があり、放棄ついでに線香くらいはあげに行くかと弁護士に連絡した上で父宅に向かった

そこで後妻にやたらと攻撃的で侮辱的な態度を取られ(弁護士の制止を振り切ってた)頭にきたから遺留分の権利を主張すると言い返したら、いきなりさめざめと泣き始めた

いわく、後妻が妊娠中にまた父のギャンブルの虫が騒いだらしくて出産に必要な費用まで使い込み、サラ金にまで手を出して自己破産したが、ヤバいところからの借金はどうしようもなくてヤクザに取立てをされた

爪に火をともすような生活で、子が生まれたばかりなのに母乳は止まり、知人に差し入れてもらったミルクを薄めて飲ませていたし、オムツの万引きもした

知人の助けでなんとかヤクザから逃げ切ったあとは人が変わったように勤勉になり、子が成人した頃にはようやく人並みの生活ができるようになって、さあ人生これからだというときに彼は死んでしまった

・・・とかそういう苦労話を聞かされた

「そんな生活なのに、父親の義務だからと毎月欠かさず養育費は送ってた。その3万円があればミルクを買えるのにとずいぶん恨んだ。あなたはその養育費で私たちよりはまともな生活ができただろう、だから遺産くらいは残せ」

というのが後妻の主張(交通事故で一方的な被害者だったから結構な金額が出てた)

こちらとしては養育費なんてもらってないの一点張り

「そんなに言うならどこの口座に振り込んだか言え」と言ったら、父名義の通帳を出してきて「ここにあなたの名前の口座に3万円毎月振り込んでる」と確かに見せてきた

でもその私名義の口座とやらを、まったく私は知らない

揉めに揉めて裁判までいって、その口座の詳細を調べてもらったら、父宅の近所の信金の口座だった

母からも事情を聞いて、うろ覚えだけど、私が生まれてすぐに作った口座だろうとのこと

しかも養育費として振り込んだその月に、口座を作った支店のATMで全額引き落とされてた

私の現住所からは飛行機の距離だし、まあ間違いなく父が自分の小遣いを確保するためにやったことでしょう、で決着

裁判の結果遺留分を相続したけど、あのクソ親父の命が化けたお金かぁ・・・と思うと、なんだか汚く思えて一円も使えないまま銀行に眠らせてるw

まあそんなこと言ったってお金に罪はないから、何かあったら使うんだろうけどさ