いとこの娘(5才)が亡くなった。

すごく急な話だったけど、妹といとこは同い年で小さい時から親しくしていたので、家族で葬儀に参加した。

女の子がすごく可愛がられていた事やいとこ自身も自慢の子だったらしくて、

生前、私や妹にも「早く産みなよ、手遅れになっちゃうよ」や、結婚している私には「もしかして…不妊てやつ?授からないなんて前世で悪い事でもしたんじゃないのw」と結構ヒドくバカにされていた。

まあでも子どもは可愛がられているからいいか、と諦めていた。

葬儀終わりに泣き崩れているいとこが心配で私が背中をさするといとこが豹変

「やめて!あんたに触られたら不妊が移るじゃない!!私はまた産むから!今度は完璧な子を産んでみせる!娘はやっぱりダメな子だった!前から思ってたのコイツダメだ、大した才能ないし可愛くもないし!」と

突如亡くなった娘を罵倒し始めて、次は男の子にする!男の子なら大丈夫!と叫び出し

妹にも「いい気味だと思ってんだろ?あ?!」と絡みだして、結局ヒステリー状態で救急車に乗って病院に搬送されていった。

単に取り乱していたのかも知れないけど、娘をなくした悲しみよりも、身内で「勝てる切り札」をなくしたかのような言い方で、それを聞いた時には背筋がゾクっとした。

そしてそのいとこは今また妊娠している。


--後日投稿--

亡くなった子には非はありませんでした。

私的には修羅場だったけど周りは静まりかえっていて、救急車に乗せられながらいとこは妹に向かって「バーカ!バーカ!おまえなんか死ねば良かったんだ、ヒャハッヒャハッw」と泣き笑いしていた。