ちょっとした、じゃないかもだけど。
 
今年一番の思い出というか出来事というか決心というか。
遺言公正証書を作成した。旦那にも話してない。
目的は姉に一銭たりとも相続させない為。
 
姉は未婚のまま50代半ばで県住で一人暮らし。
私が難病のひとり娘の看病に必死だったころ、
海外旅行に食べ歩きにと、独身生活を謳歌していた。
 
それは別に構わない。
自分で稼いだお金をどう使おうが口出しするつもりはない。
だけど、娘の前で「だから子供なんか産まない方がいいのよ。
お金もかかるし、自由もない」と言ってのけたことは許さない。
 
その娘が亡くなったあと、「あんた(私)にもしもの事があったら
私にも相続する権利があるんだよね」と嬉しそうに言った。
この女と同じ血が流れていることに吐き気がした。
 
その姉は50代目前でリストラされて現在はスーパーで惣菜を作ってる。
若い頃ほとんど貯金もしてなかったし、
死んだ両親から相続したお金も、アッと言う間に底をついたようだ。
 
元々裕福な家庭でもなかったのに何を期待していたのか
あまりに少ない両親の遺産に愕然としていた姉。
 
独身を貫くつもりなら、とらぬ狸のなんとやらじゃなく、
そのつもりの人生設計を立てなかった姉の自業自得。
親だけでなく私の遺産まで狙うとは開いた口が塞がらない。
 
私が死んだあと遺るものは、たぶん姉が想像してるよりかなり大きいものだと思う。
それを一切姉には相続できないようにした。
ざまーみろ。